マカとトンカットアリの違いは!どちらを選択すればいいのでしょうか!
  

マカとトンカットアリのメリット

マカのいいところ、トンカットアリのいいところ

マカのいいところは血流増加であり疲労回復、そしてトンカットアリのいいところはテストステロンの増加に効果があると言うという分け方をしている人たちもいます。

マカの成分の中でメインを占めるのが、アルギニンと亜鉛、その他8種類のアミノ酸、3種のミネラルです。この中でアルギニンに注目をしていただきたいですが、アルギニンでテストステロンの分泌を増やすことが出来るか否かと言うことが問題なのです。

ルニチン、トリプトファンと言った他のアミノ酸、亜鉛、銅のミネラル、ビタミンB群と一緒に体内に入ることによって男性ホルモンの分泌量を増加させることが可能と言われています

アルギニンはテストステロンの分泌に関わっていると言う言い方も正しいですが、正確に言えばアルギニンが直接的にテストステロンの分泌に関わっていると言う訳ではないのです。

トンカットアリはテストステロンの分泌に働き掛ける

トンカットアリはテストステロンの分泌を促してくれると言い、ここがマカとトンカットアリの大きな違いと言う人たちがいます。トンカットアリにユーリペプチドが20%以上、グルコサポニンが30%バランス良く含まれていることによって、テストステロンの分泌を促してくれると言われています。アルギニンがテストステロンの分泌に直接的に関わると言うことではなく、バランスがテストステロンの分泌を促していくと考えた場合、その分泌にはトンカットアリがより効果的だと言われています。

更にマカとトンカットアリには違いがあるのか・・・

同じ天然成分植物と言うもののここには更に原産地がマカの場合は南米ペルーであり、トンカットアリは東南アジアと言う違いがあります。実際のところ知名度はまだまだマカの方かもしれません。しかし今トンカットアリに注目することにも大きな意味があるのではないでしょうか。それは少なくともマカ以下の期待値ということはあり得ないのです。少なくともマカ同レベルのものであり、マカとトンカットアリは、更に疲労回復、不妊の改善、そして集中力が改善したりと言うことで多くの共通部分を持っています。