マカとトンカットアリの違いは!どちらを選択すればいいのでしょうか!
  

アルギニンとは

アルギニンの魅力を追求

マカにもトンカットアリにも成分として含まれているものはアルギニンです。まず、みなさんにはアルギニンという成分が一体どのような効果を果たすのかと言うことを勉強していただきたいと思います。

アルギニンは天然アミノ酸の一つです。アルギニンは体内で生成することが出来るアミノ酸と言うことで、非必須アミノ酸とて言われているものです。しかし体内で生成出来ると言うのは成人においてであり、 成長期や乳幼児期において生成がうまく行われない為に準必須アミノ酸とも言われています。アルギニンという名前は既にエナジーリンクなどでかなり知名度が高く、アルギニンに依存することによってハイパワーになることが出来るという思いでいる人たちも多くいます。

実際にアルギニンをエナジーリンクではなく普通の私達の食事によって取り入れるとすれば、肉類や大豆類と言ったものから摂取すると言うことになります。肉の中では鶏肉に一番アルギニンが含まれており、次に豚、牛肉となります。しかしアルギニンの為に積極的に肉と言うことになればかなりカロリー過剰になってしまうことにも懸念をしていかなければなりません。大豆にも意識を向けていただきたいですが、味噌や納豆と言うものを積極的に食べてもアルギニンを期待することが可能ではあるものの、私達が本当にアルギニンの効果を実現する為に一体どの程度の量を摂取しなければならないかという問題を考えてみてください。

アルギニンに期待出来る効果

アルギニンに期待出来る効果は、 一酸化窒素の生成をしっかりサポートしてくれると言うことです。一酸化窒素が環状グアノシン一リン酸(cGMP)を活性化し、ED改善へも導いてくれることになります。同時にアルギニンは血管を拡張してくれるという効果も持っています。海綿体に流れ込む血液量を増やすということでもアルギニンはED改善の為にとても強い力を発揮してくれます。他にもアンチエイジングや免疫向上と言うことでもとても期待出来る効果を持っています。